SSブログ

大塚国際美術館9 ムンクやピカソ、現代アート [観光]

一回別なレポをはさみましたが、大塚国際美術館のレポに戻ります。

B1Fも沢山の絵があり、絵のサイズも原画と同じに再現されているので、大きいのから小さいのまで飾られています。

0513_01.JPG

ここら辺の絵はどれも見たことの無いものばかりです。

0513_02.JPG

そして知っている絵が出て来ました。

ムンクの叫びで、ムンクを代表する作品です。

0513_03.JPG

そしてもう一つムンクの星月夜と言う作品です。

0513_04.JPG

B1Fも見終わり、1Fにあがります。

1Fは現代の作品になります。

するとくまのマクと言う像があり、フィギュア展に展示された物です。

0513_05.JPG

横にはヨタカと人と言う像で、フィギュア展にだされた物です。

0513_06.JPG

そして壁一面に飾られているのはピカソのゲルニカです。

ゲルニカはスペインがドイツの無差別空爆にあったのを書いた物です。

0513_07.JPG

そしてピカソの窓辺に座る女と言う作品です。

0513_16.JPG

ここからは結構最近の物も展示されています。

アンディ・ウォーホルのマリリンの二連画と言う作品です。

0513_08.JPG

0513_09.JPG

リチャード・ハミルトンの私はホワイトクリスマスを夢見ていると言う作品です。

0513_10.JPG

0513_11.JPG

キリストの神殿奉献と言う物です。

0513_12.JPG

0513_13.JPG

そしてこんな作品もありました。

現代アートになってくるとよくわからないものがあります。

0513_14.JPG

青のモノクロームと言う作品で、これで美術品って良く判らないです(笑)

0513_15.JPG

大塚国際美術館の紹介はこれで終了です。

あとはご飯を食べて飛行機で帰りますが、次回になります。

おこしやす!(149)  コメント(27) 
共通テーマ:旅行

大塚国際美術館8 ルノワールやゴヤ、ミレーと色々 [観光]

大塚国際美術館のB1Fには結構有名な画家の絵が沢山あります。

前回紹介したゴッホとかバロックから近代に活躍した画家の絵なので、見た事のある物が沢山あります。

45年位前に日本で公開されたゴヤの作品で有名なのは裸のマハと着衣のマハです。

0509_01.JPG

ちなみに、日本に来たときにはマハでは無くマヤでスペイン語でLa majaのjaをヤと訳したと思われます。

そして着衣のマハです。

0509_02.JPG

皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠とかです。

0509_03.JPG

こちらはヴィーナスの生誕です。

0509_04.JPG

そしてこれも日本に来たときに見たのはルノワールです。

ムーラン・ド・ラ・ギャレットでルノワールを代表する作品です。

0509_05.JPG

ルノワールは好きな画家で、筆のタッチが良い感じです。

ブージヴァルのダンスと言う作品でルノワールは踊っている絵が多いかもしれないです。

0509_06.JPG

こんな感じで沢山のルノワールの絵がありました。

0509_07.JPG

マネの笛を吹く少年でこの絵も有名です。

0509_08.JPG

マネのフォリー・ベルジェールのバーと言う絵画です。

0509_09.JPG

ドラクロワの民衆を導く自由の女神の絵も有名でジャンヌ・ダルクを描いたのではと言われています。

0509_10.JPG

そして名前は似ていますがマネでは無く睡蓮のモネの絵画です。

バラ色のハーモニーと言う作品です。

0509_11.JPG

モネのゴディベール夫人の肖像と言う絵画です。

0509_12.JPG

そしてミレーの落ち穂拾いです。

0509_13.JPG

セザンヌの絵もありカード遊びをする二人の男と言う作品です。

0509_14.JPG

そんな感じでバロックから近代の時代の絵画です。

大塚国際美術館も1Fと2Fは現代になるので、もう終わりに近づきます(^^)

おこしやす!(150)  コメント(23) 
共通テーマ:旅行

大塚国際美術館7 ゴッホ [観光]

大塚国際美術館のB1Fに上がると、ここにはゴッホの絵があります。

ゴッホは2箇所で展示されていて一般の絵と並んで展示されているのは麦わら帽子の自画像です。

こちらはアメリカのデトロイト美術館が所蔵しているものです。

0507_01.JPG

そしてもう一枚の自画像がパリのオルセー美術館にあるものです。

0507_02.JPG

こちらもパリのオルセー美術館にあるローヌ川の星月夜です。

0507_02a.JPG

そしてゴッホと言えば有名なのがヒマワリでゴッホが描いた7枚のヒマワリが特別コーナーで展示されています。

その場所はこんな感じでヒマワリが沢山有りますよってかんじです。

0507_03.JPG

最初にあるのが

0507_04.JPG

ちなみに、この絵はゴッホのヒマワリでは無くイサーク・イスラエルスと言う画家が描いたゴッホのヒマワリの前に立つ女という作品でゴッホ美術館にあるそうです。

そしてここから、ゴッホのヒマワリになります。

このヒマワリは個人所有のものだそうです。

0507_05.JPG

0507_06.JPG

どれかは記録し忘れましたが、この中のヒマワリの一つは日本の損保ジャパンが所有している物になります。

0507_07.JPG

ゴッホのヒマワリはか瓶に入れられたものになります。

0507_08.JPG

ヒマワリの描き方はどれも似た感じの花を描いています。

0507_09.JPG

丸く固まっている様な感じで花を描くのが多いみたいです。

0507_10.JPG

こちらは開いた感じのヒマワリになっています。

0507_11.JPG

ヒマワリの描き方も色々でした。

0507_12.JPG

そして友人のゴーギャンが描いたヒマワリを描くゴッホです。

0507_14.JPG

そんなゴッホでした(^^)

おこしやす!(161)  コメント(26) 
共通テーマ:旅行

大塚国際美術館6 フェルメールとモネ [観光]

大塚国際美術館ではフェルメールの絵が集まっているコーナーがあります。

フェルメールは光の魔術師と言われ、当時の絵には無い光を感じられる絵が多いです。

ワイングラスを持つ娘です。

0505_01.JPG

そして手紙を読む女と言う作品で説明と一緒にアップです。

0505_02.JPG

0505_03.JPG

そしてこの絵は有名な作品で牛乳を注ぐ女です。

0505_04.JPG

0505_05.JPG

そしてフェルメールで一番有名なのは真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)です。

この前、日本に来たときは見れなかったので、ここで見れて良かったです。

0505_06.JPG0505_07.JPG

そして屋外に展示されているのがモネの大睡蓮です。

0505_13.JPG

サークルになった壁に大睡蓮が再現されていました。

0505_14.JPG

大きすぎて一辺に写す事が出来ないです。

0505_15.JPG

中央には椅子があり、座ってじっくりと見ることが出来ます。

0505_16.JPG

大塚美術館も6回目ですが、まだB2Fの紹介なので、まだまだ続きそうです(笑)


おこしやす!(154)  コメント(24) 
共通テーマ:旅行

大塚国際美術館5 最後の晩餐やモナリサ [観光]

ひたち海浜公園のネモフィラのレポをはさみましたが、大塚国際美術館のレポに戻ります。

大塚国際美術館では絵画を本当の大きさで再現しているので、巨大な絵画があります。

レオナルド・ダ・ビンチが描いた最後の晩餐が飾られていますが修復前と修復後の両方があります。

こちらは修復前でかなり擦れたりしています。

0503_01.JPG

そしてその反対側には修復後の最後の晩餐があります。

ちなみに、都市伝説ですが、この最後の晩餐のパンの位置と手の位置に五線譜を引くと、壮大な教会音楽の音符になると言われています。

0503_02.JPG

ベルギーのシント・バーフ大聖堂にあるヘントの祭壇画です。

0503_03.JPG

そしてレオナルド・ダ・ビンチのモナリサです。

これは1974年にルーブル美術館展が開かれた時に上野の国立美術館に見に行きましたが、その小ささにビックリしました。

0503_04.JPG

こちらもレオナルド・ダ・ビンチの作品の白貂を抱く貴婦人です。

0503_05.JPG

こちらはフェルメールのデルフトの眺望と言う絵画です。

フェルメールは光の魔術師と言われて、太陽光を取り入れた絵が多いです。

0503_06.JPG

色々な絵画が沢山飾られています。

0503_07.JPG

そしてB2FからB3Fのシスティーナ・ホールを見ることも出来ます。

上から見るとまた違った雰囲気を感じます。

0503_08.JPG

ミッデルハルニスの並木路と言う絵画です。

ホッベマ、メインデルトの作品になります。

0503_09.JPG

大きな絵画も沢山展示されています。

0503_10.JPG

0503_11.JPG

ヨルダーンス、ヤーコプの豆の王様の祝宴と言う作品とかもあります。

0503_12.JPG

まだB2Fですが、まだまだ色んな作品があります。

なので、最初に7回程続きますと書きましたが、7回では全然終わらないです(笑)

0503_13.JPG

こちらはフェルメールの地理学者と言う絵画で、この頃から窓辺から入る光が出て来ます。

ちなみにフェルメールは43歳で亡くなっています。

0503_14.JPG

次回はフェルメールの有名な絵画が2つ出て来ます(^^)

おこしやす!(151)  コメント(22) 
共通テーマ:旅行

大塚国際美術館4 レオナルド・ダ・ビンチやミケランジェロ [観光]

大塚国際美術館のB3Fの終盤の展示はキリスト関係の展示が増えて来ます。

聖フランチェスコの画家が描いた十字架上のキリストで磔になったのが描かれています。

イタリアのペルージャにある美術館にあるものです。

0427_01.JPG

そしてこちらも十字架上のキリストと言うものですが、こちらはイタリアのピサ国立美術館にあるものです。

0427_02.JPG

イタリアのシエナ大聖堂美術館にあるマエスタ(荘厳の聖母)でキリストが生まれた時の事を描いたものになります。

0427_03.JPG

イタリアのピサ国立美術館にもう一つある、十字架上のキリストでキリストが亡くなった時みたいです。

0427_04.JPG

アンジェ城タピスリー美術館、アンジェ、フランスにある貴婦人と龍と言う絵画です。

0427_05.JPG

こちらは絵の内容を記録するの忘れたので、何だったかな?

0427_06.JPG

そしてエスカレーターでB2Fに向かうと上がったところに、こんな椅子があって勝手に座っても良いようになっています。

0427_07.JPG

B2Fはルネサンス、バロック時代の絵画が飾られています。

最初に目に付いたのはレオナルド・ダ・ビンチの受胎告知で受胎告知と名の付く絵は他の画家の物も沢山ありました。

0427_08.JPG

バロッチ、フェデリーゴが描いた受胎告知です。

0427_09.JPG

ラファエッロの小椅子の聖母と言う絵でイタリアのフィレンツェのピッティ美術館にあるものです。

0427_10.JPG

シニョレッリ、ルーカの聖家族と言う物です。

0427_11.JPG

でこちらはミケランジェロが書いた聖家族(ドーニ家の聖家族)になります。

0427_12.JPG

その他にも沢山の絵が飾られています。

0427_13.JPG

そしてこの絵は有名なヴィーナスの誕生です。

0427_14.JPG

嵐(ラ・テンペスタ)と言う作品です。

0427_15.JPG

オーストリアのウイーン美術館にあるバベルの塔で、この絵も結構有名です。

0427_16.JPG

絵が多すぎて撮影しきれません(笑)

0427_17.JPG

スペインのマドリッドにあるアダムとエヴアの絵画になります。

0427_18.JPG

この後もB2Fは続きますが、このまま大塚国際美術館の紹介を続けていると季節外れになりそうなので、先週行ったひたち海浜公園のネモフィラをはさみますm(__)m

おこしやす!(150)  コメント(23) 
共通テーマ:旅行

大塚国際美術館3 スクロヴェーニ礼拝堂や聖テオドール聖堂 [観光]

大塚国際美術館の展示は2F~B3Fまでと5階建てになっていて、全てを歩くと4Kmの距離になります。

なのでB3Fの見学はまだ続きます。

外で鳴門海峡をみて戻るりますが、B3Fには242の展示がありますが、それとは別に陶器で作られた空海像がありました。

絵画は原寸大で再現されていますが、空海像は縮小版になっていました。

0425_01.JPG

そして葛飾北斎の富嶽三十六景神奈川沖の陶板もありました。

0425_02.JPG

その後古代時代のヘラクレス関連の壁画があったりします。

0425_03.JPG

こちらはヘラクレスとアルキュオネウスと言うものです。

0425_04.JPG

全ての写真の説明を記録していないのですが、原寸大になっているので、大きな絵になっています。

0425_05.JPG

ペラ考古学博物館の獅子狩りです。

0425_06.JPG

こちらはカピトリーノ美術館にある身繕いする鳩となっていました。

0425_07.JPG

こんな感じで色々古代の展示がされていますが、人と比べると大きさがわかります。

0425_08.JPG

皇妃テオドラと侍女たちと言う物でサン・ヴィターレ聖堂にあるものです。

0425_09.JPG

同じ聖堂にある皇帝ユスティニアヌスと随臣たちと言う物です。

0425_10.JPG

そして題名にある礼拝堂です。

0425_11.JPG

ここは高さはありますが、そんなに広くない感じです。

正面には十字架があります。

0425_12.JPG

天井を見ると首が疲れます(笑)

0425_13.JPG

聖テオドール聖堂です。

0425_14.JPG

こちらは天井の壁画のかすれ具合も良く再現されています。

0425_15.JPG

そして壁の絵を見ながら進んで行きます。

0425_16.JPG

ここに展示されているのはキリストの磔とかキリスト教の聖書に関する物が多いです。

0425_17.JPG

この後もB3Fの続きなので、7回ほど続くと書きましたが、もう少し長くなりそうです。

ちなみに帰りの飛行機の写真も含めて200枚ほどあります(笑)

おこしやす!(151)  コメント(25) 
共通テーマ:旅行

大塚国際美術館2 聖ニコラオス・オルファノス聖堂壁画と秘儀の間 [観光]

大塚国際美術館のB3には環境展示となっていて、聖堂の壁画とかがてっ展示されています。

歩いていると間違い探しがありました。

こちらの絵と

0423_01.JPG

こちらの絵で異なっている場所が7個有ります。

暫く見ていました。

0423_02.JPG

さて怪盗ですが、○のついているところです。

0423_03.JPG

そして奥に進むと聖ニコラオス・オルファノス聖堂壁画があります。

説明も載せておきます。

0423_04.JPG

紀元前315年に作られた聖堂で、聖ニコラオスはサンタクロースの起源となっている人物で、その由来のひとつを描いた壁画「貧しい3人の娘の救済」が描かれています。

0423_05.JPG

奥に人がいますが、ここの大きさが良く判ると思います。

0423_06.JPG

上を見ていると首が疲れてきます。

0423_07.JPG

 この聖堂はギリシャ第2の都市である『テッサロニキ』にあります。

0423_08.JPG

祭壇も復元されています。

0423_09.JPG

横に出てみると、横の壁も再現されています。

0423_10.JPG

このB3Fには古代から中世のものが展示されていて、全部で26のコーナーがあります。

0423_11.JPG

ここだけでも見ていて数10分いられます。

0423_12.JPG

そしてこちらも環境展示になっている秘儀の間と呼ばれる物です。

0423_13.JPG

この秘儀の間はイタリアのポンペイで発掘された古代ローマのものです。

0423_14.JPG

ヴェスビオ火山の噴火で埋もれたところから発掘されたそうです。

0423_15.JPG

0423_16.JPG

そして外に出ると貝殻のヴィーナスの壁画もあります。

0423_17.JPG

そこから外を歩くと鳴門の海も見ることができます。

0423_18.JPG

大塚国際美術館はまだまだ続きます。

おこしやす!(148)  コメント(20) 
共通テーマ:旅行

大塚国際美術館1 システィーナ・ホール [観光]

徳島阿波おどり空港でレンタカーで向かったのは空港から15Km程離れた場所にある大塚国際美術館です。

大塚国際美術館は世界の絵画を2000年も変わらずに保管するために陶器で再現した美術館です。

画像は大塚国際美術館のホームページからお借りした写真ですが、小さな山を掘削して建てられた美術館で、建てた後に山を再現したそうです。

0421_01.jpg

駐車場は美術館から700m離れた所にあるので、そこからは10分おきに運行されているリムジンバスで向かいます。

そして入り口で入場券を購入しますが3300円です、ネットで購入すると少し割引がききますが、ここで入場券を買ってフロアに向かいますが入り口は山の下なので長いエスカレーターに乗ります。

0421_02.JPG

中では入る前にコロナの心配もあるので、名前とか連絡先を書いて入ると正面に見えるのは2019年2018年に米津玄師が紅白でLemonを歌ったシスティーナ・ホールです。

この入り口にある場所は地上B3になり、掘られた山の上が2階になるように建物も作られています。

0421_03.JPG

全て絵が描かれているように思いますが、陶器で作られているものです。

0421_04.JPG

正面もアップで撮影します。

0421_05.JPG

大塚国際美術館は絵だけでは無く建物も再現しています。

天井にも絵画が再現されています。

0421_06.JPG

ちなみにパンフレットからですが世界の名画を作るにあたって

①原画の著作権への許諾取得

②現地での調査や原画撮影

③色の分析

④転写の印刷

⑤陶板への転写

⑥1000度以上での焼き付け

⑦レタッチ

その後検品して出来上がりだそうです。

またエル・グレコの祭壇の再現とかもあります。

0421_07.JPG

絵画も飾られています。

0421_08.JPG

コロナが無ければ全てに触ることが出来ますが、コロナで触るのは禁止になっていました。

0421_09.JPG

そして色んなホールも再現されています。

0421_10.JPG

ここは聖マルタン聖堂す。

0421_15.JPG

左右にも陶板で再現されています。

0421_11.JPG

これだけの物を再現するにはどれだけ時間がかかったのだろうと思います。

0421_12.JPG

大塚美術館では2000年過ぎてもこの美術品を残そうと思って陶器で色あせない物を残そうとしたみたいです。

0421_13.JPG

なので今有るものを全て残そうと思って再現しています。

0421_14.JPG

ひとつひとつを見て回るのにはかなり時間がかかりそうです。

でも帰りの飛行機も考えて3時間で見ることにしました。

なので、大塚国際美術館の紹介は7回近く続きます(^^)

おこしやす!(150)  コメント(26) 
共通テーマ:旅行

小千谷で錦鯉の里 [観光]

PCのトラブルでレポが途中だった新潟のお出かけレポの続きになります。

ちなみに新型コロナウイルスでお出かけ出来ないのでレポは小出しになります(笑)

末廣亭をチェックアウトした後はしばらく下道を走ることに。

小千谷市に入り、思い出したのがテレビ東京系列で放送される「路線バス乗り継ぎの旅Z」で小千谷で錦鯉の里に寄っていたので行ってみることにしました。

小千谷の町中にあり錦鯉は小千谷が発祥とも言われています。

0407_01.JPG

入場料は500円とチョット高めです。

中に入ると錦鯉の交配図があり、最初は普通の黒い鯉の突然変異で錦鯉が生まれたそうです。

0407_02.JPG

小さな水槽に白い鯉の赤ちゃんがいました。

アルビノかな?って思いましたが目が赤くないので白い種類の鯉みたいです。

0407_03.JPG

こちらも赤ちゃんで黄色いのは金色になるそうです。

バックの絵とか可愛らしいですが、なぜか左下の黒い置物はドクロでした(笑)

0407_04.JPG

そして冬の間はすべて大水槽に錦鯉がいて見ることが出来ます。

0407_05.JPG

人が来ると餌を貰えると思って集まってきます。

0407_06.JPG

実際に入り口で200円で錦鯉の餌も売っていますが水の中に手を入れるのが嫌だったので買わなかったです。

0407_07.JPG

0407_08.JPG

0407_09.JPG

そんな感じで見学した錦鯉の里でした。

外には鯉仙人もいました(笑)

0407_10.JPG

新潟はもう1回続きます(^^)


さていよいよ政府が緊急事態宣言を出しますね!

でもABちゃん遅すぎます。

世界の状況を見ないで今頃出すのは遅すぎます。

これで防げるのか判らないですね。


こんな政権に任せて良いのだろうかですね。

これ以上の感染者が出たら日本の医療も崩壊しちゃいます。


なんで今まで出さなかったのかこれで爆発的感染が起こったらABちゃんは戦犯になりそうですね。

おこしやす!(185)  コメント(44) 
共通テーマ:旅行