SSブログ

ハワイ2016振り返り 初めてのフライト [hawaii]

飛行機を操縦するのは初めてで、前からやってみたかったのです。

さて飛行機の操縦ですが、飛行機のエンジンをコントロールするスロットルレバーですが、これは最初の離陸の時だけ飛行中はインストラクターが操作を行ってくれます。

なので操縦桿の操作が殆どで、メータも4つをチェックしながらの飛行になります。

まず高度計で管制から指示された高度を維持しながら飛行します。

1105_13.jpg

次にエアスピードのメーターで離陸の際はこのメーターを見ながら操縦桿を引いて離陸していきます。

1105_14.jpg

このメーターは自分で行き先を決めるのではなく、管制から指示された数字に右下のダイヤルを回して合わせ、上部のオレンジの場所が△のマークと合わさるように操縦します。

飛行機でHeading230とか角度を指定されるとそれに併せて方向が決まりその方向に機首を向けていきます。 


1105_15.jpg

そしてこのメータは飛行機の傾きを示すもので上下左右の傾きが判ります。

1105_16.jpg

さて滑走路で離陸許可が出たらスロットルレバーを一番前に押しだしてエンジンを全開にします。

ちなみに飛行機のエンジンは離陸の時だけした全開にはしません。

全開にする時間が長いとエンジン壊れちゃいます。

1105_01.JPG

スピードが60ノット(約100Km)になったらゆっくりと操縦桿を引いて離陸を開始します。

するとフワット機体が浮き上がります。

1105_02.jpg

そして1500フィートになるまで操縦桿を引いて、1500フィートに達したら平行飛行に移ります。

丁度ワイキキのホテルの上空を飛行しています。

iPhoneで撮影するときは操縦桿から手を離すので、インストラクターに操縦を変わって貰います。

1105_04.JPG

ワイキキ上空は高層ビルが多いので上昇気流が発生し結構揺れます。

そしてダイヤモンドヘッドの横を通過していきます。

1105_05.JPG

この日は雨の天気だったので有視界飛行の小型機は雲の無い海側を飛行します。

すると見えて来たのは高級住宅街のハワイカイです。

1105_06.JPG

その後ラニカイビーチからカイルアビーチの上を飛行していきます。

1105_07.JPG

こちら側は雲も少なくなり晴れた場所になります。

1105_08.jpg

こんな感じで操縦しています(^^)

1105_09.jpg

天気も良くないので行けるところまで言って戻ってくる予定だそうです。

1105_10.jpg

先には海軍基地が見えて来ますが、休日でお休みなので上を飛行出来るみたいです。

1105_11.jpg

基地の上空を飛行しています(^^)

1105_12.jpg

こんな感じのフライトがまだ続きます(^^)

おこしやす!(171)  コメント(28)